程よくプロのサポートが欲しいならブライダルネット

程よくプロのサポートが欲しい場合はブライダルネット

程よくプロのサポートが欲しい場合はブライダルネット

楽天オーネットはガツガツ来すぎる

程よくプロのサポートが欲しい場合はブライダルネット

婚活サービスとして有名な楽天オーネットは、短い期間で相手と出会えて、短い期間で成婚退会まで達成できるサービスとして有名です。

 

結婚までスピーディーに事が運ぶのはユーザーにとっては良いことです。

 

特に親のプレッシャーを受けていたり、年齢もそれなりにいっているユーザーであればそうでしょう。

 

しかし結婚は早ければ良いとは必ずしも言えません。例えば楽天オーネットでは、担当が「ガツガツコミュニケーションを取ってくる」という声もあります。

 

楽天オーネットの担当者サポートについて、そして同じく人気サイトのブライダルネットのサービスについて見てみましょう。

 

仲人のサポートは適度にして欲しい

まず楽天オーネットですが、入会時の担当者の対応についてこんな意見がありました。

 

サービス内容、料金共にまぁ納得だったので、入会してもいいかと思ったのですが、入会の意志確認もなくアンケートのようなものに回答するような流れで会員登録されそうになりました。拒否しましたが…。向こうとしては、その場で入会(入金含む)させずには帰さないといった感じで「いま決めないともったいない。」だの、「カードで分割もできる」・・だの、こちらが根負けするまでえんえんと説得する気満々でした。

(参照URL:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1292178422

 

少し強引なやり方だと感じる方もいらっしゃるかもしれません。実際にどうなるかは個々の状況によって異なり、担当者によっても差があるものでしょう。

 

しかし楽天オーネットでは、基本的に入会時に担当したアドバイザーが大会までサポートします。

 

そのため入会時にがつがつ来られると、そのあとが心配という状況になるかもしれません。

 

実際はそれほどガツガツは来ないという意見もありますが、「サポートはほどほどにしてほしい」と思っている場合は微妙でしょう。

 

ブライダルネットの婚シェルは程よいサポート

その点ブライダルネットでは基本的に自分自身で婚活を進めていくというスタイルになっています。

 

コミュニティや日記、プロフィールなどの機能を通して少しずつ自分からアプローチしていきます。

 

そのため自分のペースで進めていける安心感があります。婚シェルというサポーターも用意されているのですが、設定するかどうかは自分で決めることが可能です。

 

経験豊富な婚シェルがしっかり助けてくれる

ブライダルネットの良い所は、婚シェルのサポートを困ったときだけ受けられるということです。

 

婚シェルがガツガツアドバイスしてくることはないでしょう。アピールの方法に関するノウハウや客観的なアドバイスを共有してほしい時に婚シェルを活用できます。

 

ブライダルネットは婚活アプリ+結婚相談所

程よくプロのサポートが欲しい場合はブライダルネット

婚活サービスといっても、結婚相談所やマッチングサイト、出会い系など様々な呼称や形態があります。ブライダルネットは立ち位置としては、「婚活アプリ+結婚相談所」と言えるでしょう。

 

自分自身で出会いの場を作っていく要素も大事にされていて、婚シェルに代表されるように第三者に相談できるという結婚相談所的な要素もあります。要は両者のメリットを集約したようなサービスと言えるでしょう。

 

婚活アプリの手軽さと結婚相談所の安心感がある

もう少し具体的に言うと、まずブライダルネットにはSNSのようなサービスがあります。共通の趣味や価値観を持つ相手でグループが作成されて、そこに自由に参加することができます。

 

コメントを入れることも可能ですし、日記を投稿して周りに自己アピールすることも可能です。

 

「申込」と呼ばれるアプローチがお互いに行われると、一定回数のメッセージを経て連絡先交換→顔合わせと進められます。

 

この自分でプロセスを進める手軽さが便利です。同時にブライダルネットでは婚シェルに気軽に様々なカウンセリングをしてもらえるので、とても安心感があります。

 

個人で活動しても婚シェルに頼ってもOK

個人で活動しても婚シェルに頼ってもブライダルネットでは理想の相手に巡り合うチャンスがあります。

 

状況に合わせて気軽にモードを切り替えることで、達成感を味わいながらも客観的なアプローチが可能となるでしょう。

 

ブライダルネットには自分だけで相手にアプローチするためのツールも、カウンセリングツールも充実しています。

 

うまくいかなくてもプロに頼れる

コミュニケーションスキルが高い方は、最初はできるだけ自分の思い描くやり方を試してみると良いでしょう。

 

もしそれでうまくいかなかったときは、婚シェルに相談します。

 

「~という流れで連絡先も交換できたんですが、うまくいきませんでした。なぜでしょうか?」であったり「申込がうまくいきません。プロフィールが悪い気がします。改善点はありますか?」など、具体的な悩みを相談可能です。

 

プロのヘルプとセルフアプローチをうまく使い分けることで、婚活アプリの手軽さと結婚相談所的な安心感を味わえるようになるでしょう。